-------------------------------------
ぴかぴか(新しい) お知らせ ぴかぴか(新しい)
EOEアチューメント
シータヒーリングなど各種セミナーの詳細は

シータヒーリングと願望実現セミナーのココナルをご覧下さい♪


最近の記事

2013年09月30日

例えば失恋の時に感じること

随分前に書いた日記が出てきました。

ふと、シェアさせてもらいたくなったので、貼り付けてしまいます。

友達からたった2行の短いメールが届いていた。

あなたの光は何ですか? 
私の光は、彼でした。


彼でした? ・・・過去形じゃない・・・。
彼女は失恋したんだ。

何て返そう?

「あなたの光は何ですか?」と問う友人に、しっかりと答えたい。

私の光は何だろう?
そんなこと、ちゃんと考えたことなかったな。

私の光・・・・。
それは、自分自身だと思う。
かっこつけてるような、自己中心的なような、自信過剰のような、もしかしたら傲慢ととられるような答かもしれない。 
でも、私にとっての光は、やはり自分自身だ。

もちろん、友達や恋人や家族も、大切な光だ。 

でも私は自分の人生をもっと自由なものにしたい。 
人を基準にすると、自分がいなくなるような気がする。 
光が他人だったら、その人が去ってしまえば、自分は暗闇に取り残されてしまうという事だ。  


自分の指先すら見えない真っ暗な心の世界・・・。 


見えなくなった自分の姿を確認するには、また別の新しい光(人)がいる。
 
運良く次の光がすぐにともればいい。 
でも、そんな保証はどこにもない・・・と思ってしまう私。

暗いところでただただじっと待っているのは怖いし、危険な気がする。
それより私は、どんなに小さくてもかまわないから、自分で何とか光っていたい。

周り中の光が全て消えてしまうような事が起きても、私自身がわずかでも光っていれば、暗い場所でもなんとか立って歩いていけるだろうし、それだけ道の数も多く見えて選択肢も増えると思う。  

昔は他人に依存しまくっていた私が、こんな事を言えるようになったのは、きっと今までの失恋のおかげ。 
以前、他人の光に頼っていた私は、いくつかの恋を失ったかわりに、自分で輝ける事を学んだと思う。
それからは、同じように一生懸命光ろうとしている人間に愛されるようになった気がする。 
そんな相手との恋はとても穏やかで不安がない・・・そう感じている。



これを読んだ今の私の感想。
「うーん、私、えらい!」

「でも惜しい!」

そんなに自立しなくてもいいんじゃないか、とつっこみたくなるのね。
だって、自分で輝きたくてもそうできない時だってあるのよ、人生にゃ。(笑)

その時に一番大切なのは、自分で輝こうとするのをやめることなのかもしれない。

少しでも自分で光っているから愛されるんじゃないんだよ。

私たちは、ただ私たちだから愛されているんだって思い始めているよ、この頃は。
つまり、輝いたり真っ暗になったり、色々あって、それで愛されているんだと思うな。



posted by りえ奈 at 21:01| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

お金がなくなるのが怖い?! つづき!

昨日の記事「お金がなるなるのが怖い?!」の続きです。

『お金を貯めておかなきゃ、
家族もいるし、
幼稚園の入学金とかもかかるし、
あれもこれもあるし、
だから、☆☆に使う余裕がないと、☆☆をあきらめると、本気で思ってるの?
か・な・り、へーん!!!!』

というツッコミの後、私の心が感じた世界を言葉にしてみますね。

「変? 変かな?」

かなり変。
だって、お金あるじゃない。 そのお金で☆☆を学んで何がいけないの?

「だから、貯金が減るのが嫌なんだって」

じゃあ、いくらあればいいの?

「うーん●●●くらい?」

それ、いつでもそのくらい残しておきたいの?

「そう」

だったら、そのお金、私のお金じゃないじゃん。

「どーして〜〜?」

だって、生涯使わないでそのくらいのお金を貯金しておくんでしょ?
それって、銀行に預けられてる間、銀行が運用するんだよ。
私のお金なのに、私が使わない間、銀行が使うんだよ。

「でも、おろしたい時にはおろせるでしょ?」

だって、ずっといつでもその金額を貯蓄として持っておくんだって言ったじゃない。 
生涯おろさなければ、それは自分のお金って名前がついてるだけで、実際は別の人(組織)のお金でしょ。

「あ・・・・っ?!
た、確かに、私が働いていただいたお金を、顔も知らない他人に自由に使わせてるってことだ・・・」


ちょっと、こういう視点で物事を見た事がなかったので、この気づきの世界にもう少しひたってみようと思います。

posted by りえ奈 at 12:18| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

お金がなくなるのが怖い?!

お金がなくなることが怖いですか?

私は怖かったです。

何年か前ですが、家賃どころか光水熱費も滞納するような事態に陥り、ネガティブな感情をたっぷり味わいました。
その中でも、一番イヤだったのは「恥」の感情。

「いい大人が、滞納してて恥ずかしくないんですか?」

いや、払いたいのはやまやま。
だけど、私は出産したばかりで仕事していないし、毎日寝不足で必死だし、夫だって新しく仕事を見つけようとしていても、どこもダメで・・・。

そういった状況の中で「お金を稼げないことは人間としてダメ」という扱いを受ける機会はどんどん増えていきました。 
当時はそれがすっごくへんてこりんな信念だってことに気づくことができず、「あなたはダメだ」と言われる度に、悔しいけど、認めるしかない気分だったんです。
そして、自分自身や夫を「恥ずかしい人」だと、すごーく情けない気持ちでいたんですね。

今では収入で人の価値をはかることはできないのがよくわかっています。

しかし、強烈なマイナス感情を伴う体験は、私の無意識にお金を失うことに対する強烈な恐れを育ててしまったのでした。

なので、無事に借金を返済し終わり、収入もぐんぐん伸びてそれなりの生活ができるようになってからも、心にはいつもお金の不安がありました。
潜在意識の書き換えが進むにつれ、そういった不安は少なくなっていきましたが、正直に言うと、時々ドコーン!と心をヒットすることがあるのです。
特に誰かにお給料を払うようになると、「責任」って文字が、武田双雲さんの書なみの迫力を持って、目の前をバササー、バッササーってよぎるわけです。

これが結構なストレスで、時々ヘロ〜〜ンと弱っていました。

そして、あることを学びたいと思った時、久しぶりにお金を失うことの恐れがやってきたのです。

「わー、☆☆?!やりたーい。ぴかぴか(新しい)  
あっ、でも、お金ためておかなきゃならないよ。 家族もいるしー!!! こんなことにお金使って大丈夫?! けっこうな大金じゃないかー!!!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

それでも、ヒーラーだし、コーチでもありますから!
「うーん、確かにそうかもね。 じゃあ、EOEでもシータヒーリングでも何でもいいから、とにかく願いを調和させるか、ブロックをとっていこう」って感じで、その後でワークをしていたんです。

ところが、今回はその必要すらありませんでした。

私の内側から、「えっ?! 何を変な事を言っているの?!」という驚きいっぱいのツッコミが湧き上がってきたからです。

『お金を貯めておかなきゃ、
家族もいるし、
幼稚園の入学金とかもかかるし、
あれもこれもあるし、
だから、☆☆に使う余裕がないと、☆☆をあきらめると、本気で思ってるの?
か・な・り、へーん!!!!』

その声はとても力強く、私のお金への不安を一瞬で吹き飛ばしてしまったのでした。

つづく
posted by りえ奈 at 16:24| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

どちらかひとつではなく、両方とることで夢は実現する。

この頃、色々な方々とお話していて思うこと・・・。

なんというか、葛藤を抱えて止まってしまっている方が多い〜〜。

あ、いえ、止まること自体は全く問題ありません。
ただ、本人は動きたいのに止まっている状態だと、きついと思うんです。

止まってしまっている一番の理由は「限界がある」という幻想(思い込み)にとらわれているからのようです。

例えば、カフェをオープンするのが夢だったり、カウンセリングやヒーリングを仕事にするのが夢だったりする時、多くの方が「だけど、まずは食べていかなきゃ」という(幻の)壁にぶつかるようです。私もそうでした〜〜ん。

「夢をかなえるぞー!」と動き出そうとすると、心の中でもう一人の自分が言うのです。

「生活はどうするの?! 会社はやめられないし、貯金できるほど給料はもらってないよ」

そして、この二人の自分の勝負は、後者が「やや勝ち目」となります。
つまり、多くの人が会社をやめないで、「結局、夢はかなわないから夢なんだ」と今の生活を続けることを選ぶんです。
ただ、「やや勝ち目」ってところがポイントです。
完全勝利にはなかなかならないのだ。

なぜなら、「本当はこういう風に生きたい」という思いはそう簡単には消えるものではないから。
それはいったん、口を閉ざしたものの、無意識の中ではしっかり存在していて、時々、主張するんです。
「このままでいいの?」
「このままだと、死ぬ時に後悔するかも」
「やっぱ、リスクをとってでも夢をかなえる方がいいんじゃない?」
「今の会社(人生)はもうイヤー!!」

それで、もう一度、夢に向かってみようと思い直す。
するとまた、慎重派?!が心の中でクレームをつけてくるのです。

「そんなことして、失敗したらどうする? っていうか、仕事やめたら食べられなくなるよ」とかなんとか、色々。

こうして、この相反する意見を持った二人の自分の戦いが続く限り、葛藤の中にいることになります。
そして私たちの多くは、限界があると信じているために、この二人のどちらかしか勝てないと思ってしまっているので、ここから抜けられない感覚に陥ります。

でも、この二人の自分の願いを、両方ともかなえられるとしたらどうでしょう?

カフェをオープンできる。
カフェじゃなくても、ヒーリングでもカウンセリングでも、何でも好きな事を仕事にできる。
しかも、食べていける。 それどころか十分すぎる収入を得ることだってできる。
そして、会社員からその仕事へのシフトは経済的にも人間関係的にもスムーズにいく。

こう願えば、それはそうなります。

だけど、多くの方が、二人の自分のどちらかの願いしかかなわないことを前提に未来を描いて、宇宙にオーダーしています。

EOEアチューメントは、エネルギー伝授みたいに誤解されることもあるのですが、アチューメントの意味は「調整、調和」です。 
なので、限界を前提に思考する回路を調整し、自由に未来を創造する回路に変えていくプログラムなんです。

この頃、葛藤にはまっている方のご相談を聞く度に、うずうずしています。
「あなたの夢はちゃんとかなえられるから、本当に欲しいものを願って〜〜」って叫びたいのですね。(笑)

でもまぁ、押しつけはよくありませんので、引き続き、ご縁がある方にお伝えしていこうと思うこの頃です〜。


4つの宇宙と調和すれば、願いは自然にかなう♪
EOEアチューメント初級クラス
9月21日&22日 大阪開催
EOEアチューメント上級クラス
11月2&3日 11月8日(予備日)

posted by りえ奈 at 10:55| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

自然体で誰かの力になれる。

EOEアチューメント初級クラスを受けて下さった方が、昨日個人セッションに来られ、開口一番うれしい報告をして下さいました。

あれ、いい〜〜!
もう、楽しくて。
セミナー後の21日間のセルフワークも、
ああいうの、続けられないタイプかと思ってたけど
楽しくてついやっちゃうんです。
EOEで調和していった願いって
えっ?!うそー!みたいな角度から
かなうことがあって、
本当に夢は現実になるんだってわかったから
余計おもしろいのかも。
ぜひ、広めてください!
広めてあげないとダメですよ〜〜。


この、最後の言葉は特にあったかく心に広がりました。


EOEアチューメントのクラスをやらせていただいて、いつも感じるのは、「みんな、人の夢を応援したいんだ、本当は」ということなんです。


例えば人生には、
ジェラシーの炎を燃やされたり、
自分がついつい燃やしたりってことがあると思うんですね。

で、そういう相手も自分もうっとうしく感じたり、
責めちゃったりってこともあると思うんです、時には。

で、人間は汚いなー、なんて思うこともあったんです、私。

だけど、EOEアチューメントをみなさんにお伝えするようになり、
みなさんから受け取るのは「人間は汚い」の真逆!

人間は本当は、誰かの応援をすることが楽しいのだ、ということ。

例えば、EOEの上級クラスでは他の人にセッションをする技術や心について学び、最終日にはお互いにペアワークをやります。
この時が、一番、盛り上がるんです。
自分で自分の夢を調和させていくのも楽しいのですが、
誰かの夢を調和する手伝いをしていく・・・・
その時間が一番、みなさんのお顔がキラキラしているんです。

昨日の方も、先月半ばに初級クラスを終えてすぐ
「こんないいもの、どんどんみんなにシェアしてほしい」と
そうおっしゃるわけです。
自然にみんなの幸せを願っているんですよね。

誰かの力になれる。
誰かが喜んでくれる。
それも、自分が無理したり、イヤな事を頑張るからじゃなく、
ただただ、自分が自分であることで
誰かにうれしいことがやってくる。
EOEアチューメントではそういった実感をたくさん味わうこともやっています。

それをきっかけに、うんと小さな頃、既に体験した「あるがままで誰かに喜ばれる」という感覚が無意識の中でよみがえるのかもしれません。
「そんな感じ、私はなかった」とおっしゃる方もいますが、それは記憶の中に沈んでいるだけ、ということがほとんどのようです。
まあ、気づくスピードに個人差はあるようですが、
そのタイミングもまた、その方にとってのベストなのだ、と最近になって確信しています。ふふふ。

4つの宇宙と調和すれば、願いは自然にかなう♪
EOEアチューメント初級クラス
9月21日&22日 大阪開催
EOEアチューメント上級クラス
10月26&27日 11月8日(予備日)

posted by りえ奈 at 11:26| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

本音を伝えると色々なことがうまくいく!

本音を言えますか?

意外と、言えてないことが多いんだなぁと気がついたここ数ヶ月の飯干です。
(関係ないけど、キーボードのうち間違いで「いいぼし」が「いい歳」って出た。TT)

何で本音が言えないかというと、相手を怒らせたり傷つけたりするのが怖いんです。
その結果、嫌われちゃうのがイヤなんですよね。 はは〜。

ところが、嫌われないために「本音」を言わないでいたのに、そのせいで相手との関係が崩れることが多々あるのです。

それは、たくさんの人々の悩みをお聞きしてきて気がついたことです。

よくあるご相談事をひとつのケースとしてまとめてストーリー仕立てにしてみました。
登場人物はもちろん、架空の人物です。

真由子さんは、自分がママ友とのつきあいも仕事関係もうまくいっていないことを悩んでいました。
子ども達を連れてみんなで夏休みにプールに行く。 それだけのことなのに、なんだか人間関係がややこしく、メールのやりとりでややトラブルになっています。 そして、自分が仲間はずれにされているような気がしています。 また、お花の師匠からもうとまれているように感じています。
「私、本当はプールには行きたくないんです。 でも、行かないって断ると、その後のおつきあいに支障が出そうなんです。私はそれでもよくても、子どもが仲間はずれにされるんじゃないかと思うと怖くて」


つまり、真由子さんは本音を言えずにいるのです。

けれど、本音は言わなくても必ず伝わるものです。
たとえ、自分ではわからくても、潜在意識どうしでは情報のやりとりが行われているからです。

本音は潜在意識レベルでは伝わっている。

このことを知らないために、真由子さんは苦労しているんです。

そしてもうひとつ真由子さんが知らないこと。

それは・・・・

「イヤなことをやらないために潜在意識はフル稼働する」ということ。

なので、「プールにみんなで行くのはイヤだ」と思ったのに「行きましょう♪」って答えると、

1)少なくとも相手の潜在意識は「あ、嘘だ」とわかる。
2)その結果、相手は何となく違和感を覚えるか、鋭い人はすぐに「嘘」と気づく。
3)この人、表と裏がある、と判断される。
4)自分の無意識は「プールに行かないため」にフル稼働し始める。
5)それが相手にまた伝わり、「やっぱり嘘だった」と思われる。
6)相手に警戒される。

という流れに入ることがほとんどなんです。

嫌われないために本音を言わないでいたのに、なぜか嫌われていくメカニズムが何となく見えてきたでしょうか?

そして、私も含めて多くの人に起こるのは、自分だけでなく相手もまた嫌われたりトラブルが起きたりすることを避けるため、「本音」を言わないということです。

「真由子、本当はプール行きたくないんでしょ? どうして最初から言ってくれなかったの?」と思っていても、それを口に出さない。 
事態は複雑化していく(ように感じられる)のです〜〜。

この逆で、実は、人生がうまくいっている人のほとんどが「本音をちゃんと伝えている」んです。
(伝え方は工夫があるかと思います)

どうせ、潜在意識には伝わっているならば、本音を言おう!

そのためにはまずは自分の本音に素直になることが大切
自分の本音を隠しすぎて、他人に合わせすぎて、自分が見えなくなっている方もいらっしゃるんです。

EOEアチューメントの左脳ワークの「内宇宙の調和」では、この本音を取り戻すことをやっています。^^
ワークすることで、「えっ、まさかこれが本当の願いだったのか!!!」と驚かれる方もたくさんいらっしゃいま〜す。


EOEアチューメント各種クラスの開催予定

2013年8月10&11日 初級クラス 満員御礼

2013年9月21&22日 初級クラス 募集スタート

2013年10月26&27日 上級クラス まもなく募集開始


posted by りえ奈 at 11:16| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

人生で何がやりたいかわからなくても、いい。

多くの方の悩みに

「自分が人生で何をやりたいかわからない」というものがあります。

それは、目の前の小さな思いを実現することから見えてくるかもしれません。
心の中のひとつひとつの思いに意識を向け、大切にすることから始まるかもしれません。

それに・・・・

この頃、思うのですが・・・・

自分がこの人生で何をやりたいかを知らなくても、
使命は自然に果たしてしまうものかもしれません。



明日はEOEアチューメント上級クラス。
なんと、岡山へ参ります♪

そして、久しぶりの初級クラスは8月10&11日に大阪のココナルにて開催。
募集がスタートしました。
posted by りえ奈 at 10:01| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

プラス面ばかりにフォーカスできるようになりたい

悩みにフォーカスせず、目標や楽しいこと、前向きなことにフォーカスしてばかりの人生にしたい。

こういったご相談をよくいただきます。

お気持ちはよくわかるのですが、この思いこそが現在の一番の苦しみの源になっている事がとても多いのです。

なぜなら、それは不可能を願うことかもしれないから。

実は、私自身が同じことを願っていました。
今は、これが「人間ばなれしたい」という欲求だったと思うんですね。

人間なのに、人間じゃなくなりたいと願うことってハードです。
牛がうさぎになろうとしたら、牛の良さを失ってしまいます。 でも、決してうさぎにはなれません。
それってつらい牛人生になるのです。

全てのものごとは、きっと観る角度によってプラスもマイナスも両方があります。

「だったら、プラスの角度からばかり見たい!」

そんな風に思うかもしれません。 うん、私はそうでした〜。


けれど、地球はまわっています。
自転も公転もしています。

色んな角度から見ることになっているのですよ、我々、地球人。


それにね、マイナスがなくなったら同時にプラスも消えちゃいます。
例えば三日月を消してしまったら、月そのものがなくなるでしょう。 
満月だってもう存在しなくなっちゃいます。


あなたがフォーカスする「悩み」はあなたの「強み」にもなる。
あなたは自分の強みを見つけるために、悩みにフォーカスしているのかもしれないんです。


プラスもマイナスも含め、様々な感情を体験することは人生を深く豊かにしてくれることかもしれません。

とはいえ、マイナス面ばっかりにフォーカスしているならば、もう少しプラスにフォーカスしたいって思いますよね。
そのための最初のステップはあるがままを受け入れることだと思います。

私は、マイナス面ばかりにフォーカスしている。
そしてそれは、いいことでも悪いことでもない。 ただそうであるってだけ。


受け入れるって、目の前の現象をそのまま見る、ということです。
いい悪いはとりあえず置いといて、現象をそのまま見る。

そうすると、次は感情がやってきます。

イヤだーとか。
いいねーとか。

イヤだというエネルギーは変化を起こすパワー。
いいねーというエネルギーはしばらくそこに留まるパワー。

いずれも、私達を「希望の状態」にするための援助のエネルギーです。


posted by りえ奈 at 10:31| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

苫米地博士の無料動画をもらえます。

コミュニケーション能力が、恋愛や仕事をはじめ人間関係に影響する。

そういわれれば「うんうん、なるほど」って思いますよね。

そして、

コミュニケーション能力は、収入とも密接なつながりがあるのだそうです。

私はそう聞いた時、「えー、まじでー?!」って思いました。

が、冷静に考えてみると収入はひとりで得るものではなくて、人と人の関わりの中から生まれるんですよね。
コミュニケーション能力に関係があるのも当たり前。

そのコミュニケーションについて、苫米地英人さんの動画が無料でみられるキャンペーンが行われています。
興味のある方はチェックしてみてね。

井口晃×苫米地英人 緊急対談(5月22日までだそうです)

posted by りえ奈 at 07:45| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

境界線を失った私

本田健さんの人間関係のマトリックスマスターコースを去年の12月から受講し始め、この4月にコースが終了しました〜。

その中でたくさんの学びがあり・・・・
閉ざしてきたいくつもの心のドアをひらき・・・

最終日の次の日に、ずっと受けてみたかった某先生のリーディングを受けてきました。

この先生、毒舌?!だそうでセッションを受けて癒されるよりも、逆にハートブレイクしちゃうって話も聞いていて、怖くて(笑)なかなか受けようって思えなかったんですよね。

確かに毒舌っぽかったけど、私にとっては、真実をはっきり言われるのは心地よいものでした。
その中のひとつに、境界線のテーマがありました。

「あなた、自分がいなくなってしまっている。 大切なものもなにもかも、むさぼるように奪っていく人たちに与えすぎて、もう何もない。 そして、貪欲にあなたのエネルギーを奪いに来るスタッフやクライアントや友達・・・まぁ、友達って言わないんだけど、そういうの、ま、とにかくそういう人たちにモーレツな怒りがあるのよ」


実は、今、まさにこのブログを書いているこの瞬間、怒りの感情が私のハートを中心に全身を駆け巡っています。

なぜかというと、少し前に事件が起きたから。

息子が小学校から戻り、友達を家にあげてもいいか、ダメなら自分が何時までなら相手の家に行っていいかを聞いてきたのです。
夫と娘が熱を出しているのでうちはダメ。
息子本人も咳が出ているので「遊びに行くのはOKだけど、4時半までには戻りなさい」と伝えると、息子は不満の様子。 そこで少しの間、話し合いをしていると、外で待たされていたのでしょうね。
息子の友達が、気づくと家にあがっていたーーーー!!
しかも、息子が外へ出ても帰る気配なく、我が家をあっちこっち移動しながら「あれは何? 遊んでもいい?」と物色をスタート。
「赤ちゃんのおもちゃ、使ってもいい?」とか聞いてくる。
(だから、うちで遊ばれたら困るのよ。夫と娘が風邪で私も仕事があるんだよ〜〜TT)

息子も外に出たし、君も・・・・とやんわり促しても出て行く気配はなく、私の仕事部屋まで侵入しそうな勢い。
息子を外に呼びに出て「お友だちを置いていかないで」と頼むと、息子はその子を迎えに来たけれど、その子はうちにいたそうな様子で全然、出て行かない。
それで、怒りがわいてきたのでした。

まさに、「境界線」のテーマのストーリー。

これが近所のおばちゃんとかじゃなくて、「こども」ってところがミソ。
おばちゃんだったら、はっきり言えるからね。


実は、先生のセッションを受けた直後にも、品川駅で似た感じのストーリーがやってきたのです。

新幹線を待っていた時です。

よぼよぼのおばあさんが声をかけてきました。
どうやら大阪からおいでで、新横浜で降りるのを忘れ、折り返そうとしている様子。
このホームは下りか、次の新幹線は新横浜に止まるのか、お伝えした後も、私の横にはりついて離れません。
しかも、腕と腕がくっついてしまうくらいの至近距離で色々話しかけてきます。

とっても疲れていて、誰とも話したくなかったけれど、
「こんなによぼよぼのおばあさんで、乗り過ごした事で動揺もしている。安心したいのだろうし、つきあってあげるべきだ」
そんな感じで何とかお話していました。

やがて新幹線がやってきて、解放されたと思ったら・・・おばあさんは私のとなりに腰をおろすじゃないですか。(乗り過ごしたのを折り返すため、切符はお持ちじゃない)

疲れているしゆっくり座りたくてグリーン車を取ったのに・・・!!

おばあさんにやんわりと隣の号へ移動するよう促すと聞こえないふり。(笑)

これ以上、彼女の家族の身の上話は聞きたくない!
見ると、すぐ後ろの席は並び2席とも空いていたので「あちらが空いていますよ」と促しました。
「ん? 新横浜までほんのすぐやから、私はここでええのよ」
ムカー!(弱々しそうでほんまは強いんちゃうか、このバーサン?!)
一瞬湧き上がった怒りをぐっとこらえ、
「数分間くらい、お相手を続けてもいいか・・・」

そんな風にあきらめかけたのです。

この時、そうじゃない!という感じがしてはっきりとおばあさんに「私は1人で座りたいのです」と言うことができました。

だからと言って、おばあさんを突き放した感覚もなく、新横浜でまたもや乗り過ごしかけていたのを「降りるところちがいますか〜?」と声をかけたり、ホームでウロウロする姿を窓越しに眺めながら「無事に目的地へ着けますように」と自然に祈っていました。

この時、「そうです、そういう感じ!」と内なる声に肯定された感じがして、怒りや罪悪感がスーッと消える感じがしたのでした。
自分を守りながら、相手を依存させず、必要な手助けをできる範囲でする。
あとは宇宙に委ねる。
そんな感覚をつかんだような。

「ヨボヨボのおばあさん」は、「弱くてかわいそうな存在」の象徴でした。
私は「弱くてかわいそうな存在」と境界線がわからなくなって、与えすぎてしまい、消耗して怒る!というパターンを持っていたのです。

よっしゃ、境界線問題クリアだ!

と思ったら、今度は「元気なこども」が現れた!(爆)

これは何の象徴〜〜???

人のおうちに、勝手にあがっちゃいけないことを知らないこども。
注意をしても、話をしても、通じないこども。
だからといって、厳しく扱ってはいけない存在。


ん??

なんで、厳しく扱ってはいけないのだ???

だって、まだそこまで心が発達してない相手だもん。
しょうがないじゃん。

という自分の声。

それで気がついた。
自分の境界線を越えて乗り込まれる度に、
「だって、(相手は)まだそこまで心が発達してないんだもん、言っても傷つけるだけだ」ってやりたい放題にさせてボロボロになっていた自分がいることに。

「あらま、あがっていいって言ってないのに勝手に人のおうちにあがったらダメなんだよ。はい、外で待つ!」って言って外へ出せばよかったのだ。

笑える。 空気を読んでほしいって思ってたんだね、私。
そして、それは無理だろって自分でつっこんであきらめてたんだ。
なあんて、おばか。


と、ここで終わりにするのもありだけど、
どうしてはっきり言わずに空気を読むことを期待しているのか、ここからが本当のワンダーランドなのです。


ヴァイアナのシータヒーリングで掘り下げるもあり。
EOEで調和ワークするのもあり。
実際に、今度ははっきり言ってみて、自分がどんな感情を味わうのかを体験してみるのもあり。

ワンダーランドへ、行ってまいります!

posted by りえ奈 at 16:07| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

4月13日お茶会します〜。

こんにちは!

ハッピーカフェのご案内を希望された方には先行でメールをお送りしましたが、
ブログでも告知いたしまーす。
(登録して下さった方でメールが届いていない方は迷惑メールに振り分けられているかもしれません。特にdocomo携帯の方はメールが戻ってきていました。)

4月13日(土)10時半〜12時
ヒーリングサロンココナルにて
ハッピーカフェ(今回はお茶会)を開催します。
参加費は2000円。

あなたがお薦めする本をお持ち下さい。
本の紹介をしあうというよりは、何かの際のネタ的にお持ちいただく感じです。

今回のお茶会は、春のお菓子をご用意させていただく予定です。
おいしいスイーツをいただきながら、聞きたいことを私に質問下さってもOK!
参加された各自で交流を深めていただいてもOK!

ラブパックセラピーカードなどもネタ的に?!ご用意してお待ちしています♪
お申し込みは下記よりどうぞ。

ハッピーカフェ 4月13日 お申し込みフォーム

posted by りえ奈 at 17:58| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

自分らしいって何だろう?

自分らしい、って何だろう。
本当の自分、って何だろう。

それは探しても見つからないものかもしれない。
それはもしかしたら、創っていくものかもしれない。

いや、探したり創ったりするものでもないのかもしれない。

いずれにしても、自分が自分を好きだと感じられるか。
やっぱり、そこじゃないかなぁと思う。

そして、「自分が嫌いだ」という感覚も大切な気がする。
その感覚があるから「どうありたいか」が見えてくる。

そして、いずれは
自分が好きか嫌いかも考えなくなる。

そういう生き方がいいな。


自分らしく生きていく、自分らしく暮らしていく。
そんなサポートの一環として、ハッピーカフェを毎月1〜2回開催致します。
2000円〜3000円くらいで、お茶会やランチ会、ちょっとしたお話会やプチ勉強会を企画しています。
詳しくは下記のリンクをご覧下さいませ♪
 人生の豊かさをシェアする


posted by りえ奈 at 09:10| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

「わがまま」でいる才能

「わがまま」ってきいて、どんな印象がありますか?

マイナスのイメージがくっつくことも多いこの「わがまま」ですが、実は夢をかなえていくにはとても大切な「才能」だってことを教えられました。


もう何年も前の話です。
本田健さんの1日セミナーである女性が手をあげて言いました。

「私はお店を開く夢があります。 でも、今の会社の給料は少なく、生活するのが精一杯でお金がたまりません。 それでOLをず〜っとしています。 本田健さんが言うように、夢を生きたくても、そうはできなんです。一体、この状態でどうやってお店をひらく夢を持ち続けることができるんですか?」

それは、本田健さん以外の方のセミナーでもよくきくもので、多くの人が悩むことなんだと思います。
ラジオDJ時代には、そんな悩み相談もよく私のところにも届いていました。

さて、衝撃だったのは本田健さんの回答でした。

「今のあなたには【我慢する】という【残念な才能】があるんですよ」

えっ? 我慢っていいものじゃなかったの?
残念なことなの?

女性はびっくりしていましたが、私もびっくり。

と同時に救われた気がしたんですよね。

なぜなら、私は「わがまま」で我慢ができない子、だったから。

だから、普通に就職もしなかった。 
イヤな仕事には耐えることができなくて、ラジオの仕事が減った時期はバイトもせずにひたすらひきこもっていた。
お金は入ってこないのに、着たくない服を着るのがイヤで、好きな服を値段が高くても買ったりして・・・先輩に「無収入でそういうのはどうかな?! 貯金がつきて大変なことになるぞ」と注意されたりもしていた・・・。

でも、それは見る人から見ると「我慢できないという素晴らしい才能ぴかぴか(新しい)」だったのです。(たぶん)

そして、確かに私は

イヤな仕事はできない。(好きなことしかできない)
欲しいものも我慢できない。(欲しいものはあきらめない)

という性格から、やがて「人に雇われていてはダメだ」という結論に到達し、ヒーリングサロンをオープンするようになっていったんですよね。


ただ、罪悪感はあったんです。

だって、夫は子育てが大好きとはいえ、仕事も好きな人ですからね。
私がバリバリ働けば働くほど、彼は息子のために家にいるようになりました。
だからなんだか、彼のパワーを奪ってしまったような気持ちで・・・・。
仕事が好きであればあるほど、クライアントさんが素晴らしい方々であればあるほど、出会ったメンターが魅力的であればあるほど、「私ばっかりがごめんなさい」という気持ちも生まれていったんです。

そんな罪悪感がピークに達したある日、

「わがままを中途半端にやっているのがいけないんだよ」と言われました。

「わがままは極めないと!」


これまた、本田健さん以来の衝撃!

わがままって、極めていいの????


そこで教えられたのが、自分のやりたいことをぜ〜〜〜んぶ書き出すということでした。
ちょっとコツがいるのですが、その通りに書き出してみると不思議。

罪悪感が消えてしまったのです。 

なぜだと思います?


わがままを極めて行き着く先は、人の役に立つことしかなくなるから、です。

わがままって、誰かをおしのけて自分だけが得をするものだ と思っていたのですが、それは中途半端なところで止まっているから。
極めてしまうと、誰かの役に立ってしまう、そういう性質のもののようです。

3月6日、このワークを1日セミナーで行います♪

2席のみ空きがありますので、よろしければご参加下さいね〜〜。
わがままで罪悪感が出てくるのは、本当は、誰かの役に立ちたいからかもしれません。
それならば、わがままを極めれば、自分も周りの人もみんなが幸せになれるみたい。

わがままを極めて成幸するセミナー

お待ちしています♪






posted by りえ奈 at 17:18| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

誰かの役に立とうとして仕事をするな?!

あなたがヒーラーとしてコーチとして成功しているのは、家族のためを思って働いてきたから、そしてクライアントさんのためを思って働いてきたからですね。

そうおっしゃっていただくことがよくあったのですが、本当を言うと、言われる度にとても違和感がありました。

私の中に「誰かのためにやってきた」という認識がなかったからなんです。
むしろ、その逆。

私は、自分の好きなことをやってきただけだったんです。
自分のやりたいように。 
そう。自分勝手でわがままなんです、私。
だから誰かの役に立とうとしてきたわけじゃないんです。

それをある時、正直に話したら「じゃあ、あなたの周りにはどうしてそんなにいっぱい人が集まるんだろう? あなたはちゃんとみんなの役に立っている、愛の人なんだよ」って言っていただきました。

そしてその言葉は、私の中では「毒」としてじわじわしみ込んだんです。

うーん、複雑な奴でしょ。
ほめられてるのに、それが「毒」になってしまうややこしい奴なんです。

どうしよう。
誤解している。
私はすっごく勝手なのに、愛があるって勘違いされている。

そんな焦りが出ちゃったんです。

なぜなら、私の感覚としてはね、例えばね、
穴掘りが大好きで大好きでひとりで夢中で掘りまくってたら、ふと気がつくと人が集まっていて、「その穴いいですね、入っていいですか?」って聞かれた感じだったんですよ。
「あ、そうですか? どうぞどうぞ!」って招き入れたら、続々と人が集まってきた、そういう感じなんです。
だからと言って、みんなのために穴を掘ることをしたわけでもなく、引き続き私は夢中でルンルンと穴を掘っていただけ・・・・
ヒーリングもコーチングもそのための知識を身につけたり技術を磨いたりするのも、私の中ではエンターテイメントだったのです。 誰に止められてもついやってしまう・・・!

だから、2歳の子供を置いて1ヵ月もアメリカにも行ったし、夫に専業主夫をやってもらって、自分は家を空けてあちこち自由にでかけていた。

それで・・・・罪悪感がずっとあったんです。

ある時、メンターが別の人に話しているのを聞きました。
「人の役にたとうとして、仕事をしたらダメなんだよ」

これは衝撃!でした。
だって、ずっとその逆の事を言われてきた(と思っていた)んだから。

メンターに「人の役に立つな」と言われた人も、私と同じだったようでかなり驚いていました。
「でも、人の役にたってなんぼだと言われてきたし、そういう事を仕事にするように言われてきたんです!!!」と反論していました。

その時、メンターが答えたことは、私の「穴掘り感覚(笑)」を肯定するものでした。

それは、
好きで好きでしょうがないことをやっていると、付加価値を生み出してしまうものだ、という話でした。

最初から役に立とうとしていると、好きじゃないことをやってしまう可能性がある。
それだと、好きで好きでしょうがないことほどには才能を発揮できない。
・・・んですって。

好きなことを仕事にするんじゃなくて、好きなことが仕事になってしまう(ことが多い)んですって。

それでね、わがままを極めるってことを教えてもらいました。
これはワークがいくつかあったので、セミナーでシェアすることを考え中です♪

あ、赤ちゃんが起きちゃったので授乳します〜〜。
ではまた!





posted by りえ奈 at 22:31| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

(笑)根性はいりませんのでご安心を!

本当のお金持ちになる幸せ脳の作り方 半年セミナー

たくさんのお問い合わせをいただいております。
おかげさまで残席は2席となりました。

ところで、お問い合わせの中にちらほら聞こえるこの質問・・・。

「覚悟がいりますよね?」

「根性をすえて申し込みますね!」

普通に聞いていたのですが・・・

ん?? 
覚悟って、どのくらいのことをおっしゃっているのだろう?

根性をすえる・・・・って???

ふと気になってある方にどうしてそんなことを聞くのか聞いてみたところ、

「よほどの覚悟がなければ受けられない気がする」とのことでした。
「依存した気持ちではダメなんじゃないか・・・」と。

確かに、「セミナーを受ければ何もしなくても何とかなるわ〜」
という発想であれば、このセミナーに限らずいろんなことがしんどいのではないかとは思います。
物理空間、行動がやっぱりいるんです。

ただこの行動、「無理やり」起こすものだとしんどいんですが、
「ついうっかり」動いてしまうものだと楽しいんです。

セミナーでは「ついうっかり動いちゃうしかけ」をシェアする予定です♪


なにより、私がこのセミナーをやりたかった一番の理由は

去年、お金のメンター達に学んだことがあまりにおもしろかったから!!!!!

おもしろすぎて、黙っていられずウズウズしているのです。 ははは。
それでね、話せる限り、可能な限り、聞きたい方にシェアしたいんです。

と同時に、せっかく受け取った情報も、実行したくてもひとりだとモチベーションが下がることもあるんです。 人は環境に影響を受けるものだから。
なので、この面白ネタをシェアして活用する場を定期的に設けたくての半年コース!なんです。

受講に必要なのは「受けてみたいな」という気持ちだけで十分です。
根性や覚悟はいりませんので、もし、そこで躊躇している方がいらしたらご安心を〜。 ^^


本当のお金持ちになる幸せ脳の作り方 半年コース


面白ネタを聞きたい方、幸せ脳を作りたい方、一緒に楽しい半年を過ごしましょう。


 
posted by りえ奈 at 12:54| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

いつの間にか変化している幸せ

本当のお金持ちになる幸せ脳の作り方 の半年クラスが来月からスタートします。

参加されるみなさんがどう変わっていくのか・・・・
とても楽しみです。

というのは、私自身がお金のメンターに学んで、随分変わったから。


今朝、自分の銀行口座を見てヒヤリとしました。

私は仕事の方の口座はもちろん毎月チェックするのですが、個人口座はほったらかし。
何にいくらかかっていて、どのくらい使っているのかは一切見ていませんでした。

その口座は使うのが専門。 
保険とか、私用の携帯電話代とか・・・そういうのがひかれる口座。
出て行くのは毎月ちょっとだから、別に見なくてもいい。
とか思いながらも、メンターからお金の使い方を指導される中で、思い切った買い物もあり・・・
心のどこかでは「半分くらいになってるだろう」って思いながらも、
口座をきちんと見ていなかったのは、やっぱり現実を知るのが怖かったのかもしれないなぁ。

でも、今日、見た! 見ました!

そして、愕然とした!!!!


減ってる!!!!


当たり前だけども。


でも、メンター達に学んだおかげか、不安にはつかまらなかったのでした。
以前の私なら超不安になって、超焦って、そして「無駄遣いをした」って自分を責めてたと思います。


今回は、スーッと現実にグランディングする感じがありました。
身体に力がみなぎる感じ。
「ちゃんと現実を受け入れて、対処していくかね、うん」


けっこうな額が減っていたんですけども、素直な自己反省と同時に
即座に「その額と交換して得たもの」へ意識が向きました。
そのほとんどは物理的には「服」です。
でも、本質的には「私の情熱」なんですよ。
失った「情熱」を取り戻したのだから、この価格は安いくらい。

が、もちろん、失敗だったって感じる買い物もありまして・・・
私が見たくなかった「現実」は「お金が減ってること」ではなくその「失敗」なんですよね。

失敗しなければ、ここまで減ってはいない。
バカな買い物もあったってことです。
感情に振り回されて使ってしまった・・・「私にとってはあらゆる意味で不用なもの」を買ったこと。
そうしてしまった感情を放置してきたこと。
それが失敗。

だけど、失敗って、見直すためにあるんですよね。
見直すと、失敗は失敗じゃなくて「経験値」になる。

だから、自分の失敗を今日、金額とともにはっきり認識したのでした。

そしたら、さっきも書いたように力がわいてくる感じがしたのですよ
ワクワクしたのですよ。

「よっしゃ、しっかりするぞ」

それは、フワフワ夢の中に逃げていた自分が、きちんと身体の中に戻るのに似た感じです。
そこには、お金が減ったことへの罪悪感も、さらに減る恐れもなく・・・・
静かなる決心がありました。
冒険に出る前の勇者?!のようなちょっとした怖さとワクワクが入り混じる感じ。

そう言えば、メンターが言ってたのです。
「お金が減るのも増えるのもどっちもおもしろくなったら、
ウェルカム、僕達の世界へ!!!なんだよ〜。 待ってるからね〜」


(先生、私、先生のいる世界に足がかかったかもしれないよ?!)

みんなも、行こう。

お金の不安から自由になって、人生の浮きも沈みもしっかり地に足のついた感じで楽しめる、「本当の豊かさを生きる」ワンダーランドへ行こうよ。

私、学んだことをあれこれシェアするからね!
それを生かしてくれても、生かさなくても、どっちでもいいんです。

私は、メンターから学んだことがとてもおもしろくて楽しかったから、そこが一番お金のセミナーでシェアしたいことなのです。
おもしろくて、楽しかった、そこをね、ついうっかりしゃべってしまいたいのです。 あは〜。

ちなみに、今日は本田健さんからとても素敵なことを教えてもらいました。
これも、許可いただいたのでお話しますねん♪






posted by りえ奈 at 10:15| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

EOEアチューメントの誤解?!

EOEアチューメントについて、この頃よく聞かれるのが、

「エネルギー伝授なんですよね?」 ということです。

アチューメント、という言葉がそういうイメージなんですよね。
「伝授」という意味で使われていることも多いのかな??

EOEアチューメントの「アチューメント」は、調律とか調整とか調和という意味です。

現実化する力を調整して調和させていく、という感じです。

なので、エネルギーを伝授するというよりは「技術」をお伝えする感じなのです。

・・・と書くと、ちょっとカタイ感じもするかな・・・。
うむむむ。 表現は難しい。 あ、キャンセル!(言葉は現実化しますのでな・・・)

シンプルに言うと、EOEアチューメントは、
自分自身の、そして周りの人の「本当の願い」に気づき、現実にする技術 なのです。

この技術を学んだ方からは、こんな感想をたくさんいただいています。

○ 自然に周りの人や存在と調和する思考や発想が身についた

○ 自分の力だけでなく、世界に助けられて実現している実感がある

○ 気がつくと、思考の視野が高く広くなっている


はい。
実は、何か叶えたいことができた時にEOEアチューメントで願望実現のワークをする。
そんなことを繰り返しているうちに、いつの間にか「普通にしていても夢が叶いやすい脳」に変わるような仕掛けがあるのです〜。




posted by りえ奈 at 10:38| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

メンターからのプレゼント

ちょい厳しめのお金のメンターから、プレゼントをもらいました。

いえ、正確にはまだ届いていないのですが、
「オーストラリアから君に送ったよ。楽しみにしててね」ってある写真がメールに送られてきました。

そこに写っていたのはスワロフスキーのチャーム3つとネックレスのチェーン。

女の赤ちゃんをイメージしたもの、男の子の成長をイメージしたもの、そしてその真ん中に I love you ってデザインになったチャーム。


少し不思議なのは、「子供との関係性」についてEOEで調和させた後、何時間かしてからこのメールが届いたのです。 左脳ワークじゃなくて右脳ワークだけだったんですが・・・偶然かな〜〜。

って、思っていたらもうひとつ奇跡がありました。

その日の夜、ずっと苦しんでいた心の闇?! のドアを開けてくれるような言葉をある人にかけてもらい、絶対に出会いたくないと思っていた「私」にようやくきちんと向き合うことができました。

子供との関係性にある問題も、その「私」を自分で否定して心から追い出してしまっていたからだって気づきました。

調和って、やっぱりいいですな。 
posted by りえ奈 at 22:23| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013 自分らしく生きることの大切さ

あけましておめでとうございます!!!

31日は子供と一緒に22時にごろに就寝〜〜。
夜中2時半に授乳のために起きてから、しばらく2013年初?!瞑想していました。

2012年はどんな一年でしたか?
何を成し遂げたか・・・それは、誰もが賞賛してくれるようなすごいことじゃなくても、自己満足のほんの小さな出来事でもいいんです。
そういったことを、いくつか書き出してみてください。

そして、去年一年間の命の時間で体験できたことを感じて、自分自身をほめてください。
「色々あったけど、よくやった! すごいぞ!!!」

それから、ひとつの質問をしてみて下さい。

「私は、自分のエネルギーを最大限生かしただろうか?」



そうすると、私もですが多くの方が「違うな」って感じるようです。

本当はもっともっとできたはず。
でも、いろんなことに気を取られたり、自分を抑えて、
思いっきりはやってなかった。

まあそれでも、けっこうなことがやれてるので、本気出したらすごいことになりますよね、みんな。
だけど、恐れがどこかにあってブレーキをかけているんです。
その恐れは、もしかしたら古い時代から受け継いだ・・・現代にはもう不要なものかもしれない。

年老いた方の多くが、「やって失敗したこと」よりも「やらなかったこと」を後悔するようです。


私は2013年、自分が思いっきり自分を生きたらどうなるか、
遊んでみたい。


だから、セルフ・マインド・アセンション塾「エナジーシフト2013」を開催します。
これは、たった1回のセミナーではなく、1年を通してどんどん「なりたい自分」を思い出し、なっていくためのセミナー。
それも、ひとりで頑張るのではなく、調和を感じ、サポートし合いながら「自分」を生きる力をつけていくセミナーです。

残席わずかとなりました。
スタートは今月、1月12日(土)です。

ぴーんときている方、ぜひご参加下さい。
一緒に、思いっきり「自分」をやる一年を過ごしませんか?


「自分らしく生きるためのセルフ・マインド・アセンション塾 エナジーシフト2013年」


日時
2013年1月から12月まで毎月第2土曜日 3月のみ3月2日(土)
13時半〜16時半 
※講師の出張等により、日程が変わる月もございます。 その際は事前にご連絡いたします。

内容

☆ 夢をかなえる人の脳と心の使い方を学ぶ
☆ 脳と心の使い方をさらに極める(習慣化する)
☆ 脳と心とスピリチュアリティの統合
☆ 受講生どうしがお互いの夢を応援しあうコレクティブ・エフィカシーを作る
☆ セミナーに来ていない家族や周りの人も変えてしまう方法を知る
☆ 新しい環境を作る (元の世界から抜け出すパラレルワールドの仕掛け)
☆ 本当の願いとそうでないものを見分けていく
☆ 本当の願いを見つけて自然にゴール達成する
☆ さらに願いや夢を更新していくには
☆ 頑張らないで達成する方法
☆ 愛そのものとしての自分を感じながら生きる

受講費
月払い 毎月 12600円
年払い 126000円 月払いより25200円お得
半年払い×2回 69300円×2回 月払いより12600円お得
※ 中途解約されましても返金はできかねますので予めご了承下さい。
※ 全日程に出られない場合、お休みは自由ですが、お休みされる月も月謝がかかります。(年払い・半年払いの方も返金できかねますのでご了承下さい)

講師 飯干梨瑛 
シータヒーリングマスター パーソナルコーチ EOEアチューメント創始者 チャネラー

みんなで力を合わせながら、人間が本来当たり前に持っている脳と心の使い方をマスターし、スピリチュアリティとフィジカルな部分を統合し、自分らしさを生きる力を磨く年間クラスです。 
一緒にハッピーになっていきたい大切な方がいらっしゃる方はその方も一緒に参加されるといいかもしれません。 新しい友人を作りたい方も、ぜひいらして下さいね。


お申し込みは下記からどうぞ!
自分らしく生きるためのセルフ・マインド・アセンション塾 エナジーシフト2013年 お申し込みフォーム


posted by りえ奈 at 12:02| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

私が人生からしめ出してきたもの2

私が人生からしめ出してきたもの の続きです。

父に否定されたと感じたことは、もっと小さい頃にもあったかもしれません。
でも、今思い出したのは、二十歳を過ぎてからのことです。

学生時代に仕送りを止められたこと以外にも、卒業してから色々とありました。

私は月に十数万円くらいの収入なのに、国民健康保険が5万円ということがありました。
前年の収入も大してないのに、国ってひどいなって思ったんです。
このほかに市民税やら府民税があったので、残りのわずかな額で家賃と食費、光熱費を払うのは無理でした。
市役所に相談に行くと、「国に借金をする形となるが、支払いは待てる、払える額だけ払って」とのこと。
でも、今の収入のままだと、年々借金が膨らむ計算です。
国って恐ろしいシステムを国民に押し付けてるなって思いました。
その時は若かったし、病院に行くことなど1年に1度あるかないか。 年に60万円、毎月食べるものを削って、生活を切りつめて国民健康保険を払うよりも、年々借金を増やしていくよりも、国保をやめて自費でかかった方がいいんじゃないかって思いました。
で、父に電話をしたんです。
「自分の収入の40%ほども国民健康保険に持っていく国はおかしいと思う。払わなくてもいいよね?」と。

父はぶち切れでした。

「お前達みたいな勝手な若者がいるから日本がおかしくなる!」と、怒鳴られ、
「そんなバカな奴と話したくない。二度と電話してくるな!!!」と電話を切られたんです。

二度と電話してくるな = お前とは縁を切る

私にはそう聞こえました。

いきなり怒鳴りつけられた驚きとショックと怒り。
その後には父に見捨てられたという悲しさがわきあがりました。

実は、確定申告の仕方がよくわかっていなくてミスがあり、市民税が高くなっていて、そこから計算された国保も高くなっていただけのことでした。
色々あって、結局そういうことがわかったのでよかったんですが、私は自力でその答にたどり着くのではなく、父に、そういうことを教えてもらいたかったんですよね。
電話口でいきなりどなるんじゃなく、「それは何かがおかしいな。もしかしたら確定申告を間違えているんじゃないか?」って、教えてほしかったんです。

でも、それは満たされず、怒鳴る!ということで返された。

そいったことがいくつかあり、父に否定されたと思い込んで生きてきたんです。

父とはその後、時々ぶつかっても親子の愛を感じて関わってくることができました。 
でもそれは、【適切な距離】を保ったから、つまり頼ることを放棄したからこそのものだと思っていたのです。


でも、本当に父は、頭ごなしに私を怒鳴り、否定したのだろうか?


人生から、自分自身からしめ出したエネルギーを取り戻すには、そこからスタートします。
自分がこうだと思い込んだその出来事は、本当にそうなのか? と問い直すんです。

新しい答は、父の側の気持ちを知ることで得ることができました。
といっても、父と話すチャンス・・・いや勇気がなかったので、自分の想像力を使いました。

その時に、気がついたのです。
家族を守る為に生きてきた父。 

父は、私達を旅行にも連れていってくれたし、
母にもプレゼントをよくしていました。(今も)
運動会などの行事のあとは、家族みんなで焼肉かファミレスでの食事。
海やプール、遊園地にも、キャンプにも連れて行ってくれました。

今、自分が親になってみて思うのですが、
こういったイベントごとはお金がかかります。 うちは3姉弟なのでけっこうな負担だったでしょう。

そして子供たちはみんな私学。 毎月の仕送り。
ハードだったんじゃないかと、今は思います。

そういったことに感謝するでもなく、当たり前のように過ごしている娘。
時代が違うとはいえ、甘えてみえたでしょう。
腹が立ったことでしょう。

たくさんのことを我慢して我慢して大目に見て・・・・その結果、怒りが爆発したのかもしれない。
いや、きっとそうです。

父は以前私に「お前は何もわかっていない。俺の気持ちがわかるはずがない」と言ったことがあります。
その時は「あなたこそ」と返したい気持ちでいっぱいでした。

だけど、こうして改めて父の側に立ってみたことで、「俺の気持ちがわかるはずない」と言った父の言葉の向こうにどれほどの思いがあったのか・・・・想像すると申し訳ない気持ちでいっぱいです。

報われない思いを抱いていたのは、父も一緒だと思いました。


おとうさん、ごめんなさい。
何をしてもらったかも知らないでのうのうとして、さぞかしアホに見えたでしょう。
腹も立ったでしょう。
あなたが私を怒鳴ったのは、当然だと思います。
それを勝手に否定されたと思い込んで、時にはうらんだりもして、本当にごめんなさい。
助けてもらったことの方が圧倒的に多かったのに、イヤだったことばかりに目を向けて、感謝が足りなくてごめんなさい。
私の思い通りじゃないからといって、部分的に感謝して部分的には否定して、本当に自分勝手でした。
否定していたのはいつもいつも私の方でした。

私、自信を持って言えます。

私、おとうさんに愛されています。
大切にされています。 

あなたのいいところ、いっぱい知っています。
その素敵なところを、自分がもっとちゃんと受け継いでいけるよう、私は私を開きます。


父に愛されていると実感した時、目上の男性への潜在的な恐れや嫌悪感が溶けていくイメージを感じました。

甘えも含め、謙虚な姿勢で導きを請うことを、自分に許せそうです。
お帰りなさい、追い出されてしまった私。

お正月は帰省しないのだけど、父にちゃんと感謝を伝えようと思います。


そして来年は「人生からしめ出してきたもの」を取り戻すワークショップ、またはセッションをしたいと思います。

posted by りえ奈 at 10:27| 癒しのメッセージ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。