-------------------------------------
ぴかぴか(新しい) お知らせ ぴかぴか(新しい)
EOEアチューメント
シータヒーリングなど各種セミナーの詳細は

シータヒーリングと願望実現セミナーのココナルをご覧下さい♪


最近の記事

2008年12月08日

可能性の宮殿(EFT)

 私は何のために生まれて来たんだろう? 私は何がしたいんだろう? なんだか道を見失ったな〜って思った事はありませんか?

自分の事なのにわからない!!!!

そんな状態では方向性も定まらず、迷走するしかないのも仕方ないですよね。


その原因の9割は、「本来の自分の姿」と「他人が求める自分の姿」が違うからです。
そして「ありのままでありたい」という欲求と「他人の求める自分になりたい」という欲求が戦うことになります。

例えば人生の岐路で、自分の望むAコースに進もうとすると「それは違う!」と心の声がするんですね。そっちに進むと愛されないよ、というわけです。
そこで人(親とか親しい友達とか彼とかね)が望むBコースに進もうとする。 今度は本当の自分が「それは違うよ!」とやっぱり囁くわけです。
そういう綱引きが心の中で何度も繰り返されるうち、自分でもわけがわからなくなっちゃうんですね。


ゲアリーのEFTでは「可能性の宮殿」という表現をしますが、心の宮殿の壁に「他人の言葉」がいっぱい書かれているわけです。 
母親が「まともな職に就くのが一番」と言えば、母に愛されたい自分が、それを心の宮殿の壁に書くんです。 「これは大切な事だぞ」といつでも目につく場所に書いておくわけですよ。
恋人が「バリバリ働く女性がかっこいい」と言うとそれも書くんです。
父親が「家庭をしっかり守るのが立派な女性」と言えば、それも書いちゃうんです。
そういう事を繰り返していくうちに、もともとの自分の宮殿の色がわからなくなり、他人の情報でいっぱいになります。 
そして「働く女性がかっこいい」VS「家庭を守る女性が立派」のように、相反する情報も多々出てきます。
混乱が起きるんですね。

でも、自分の真実だけを見ていくようにすると道が見えるんです。
「本当にまともな職に就くのが一番か?」「そもそもまともな職とは何をさすのか?」と、母親の言葉をきっかけにして、自分はどう考えているかを知るようにするんです。
コ・クリエーションメソッドでいう「真実の自分の確定と表現」です。

母親と自分の考えが違うことがわかると、不安にはなりますけどね。
そんな自分では愛されないんじゃないかと思いもしますけどね。
ありのままに生きられない=ありのままの自分を否定する ということです。
他人に愛されない事よりも、自分が自分を愛せない事の方がもっとつらいんです。


私は自分の心から他人の書いた情報を随分たくさん消しました。
そしてすっごく楽になったんです。

誰がなんと言おうと自分はその為に生まれて来たのだからそうしていいんだ、という実感が生まれて、ホッとしたんです。

もちろん、色んな望みを実現するには多少の努力もいりますよ。
でも、好きな事だから「努力」というよりは「楽しい工夫や過程」になっているんです。

この喜びを伝えたくて、きっとセラピストを選んだのだと思います。

あなたもどうぞ、自分の宮殿を取り戻してください。
幸いにもその方法がこの世界にたくさん用意されています。
一番しっくりくるもので、「私」に戻り「私」を表現すればいいんです。


posted by りえ奈 at 09:41| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

親子EFT 風邪体質

 もう1件、こちらは半年ほど前のEFTセッションのお話です。

 先日その後の経過連絡をいただいたので、ご本人の許可をいただいて掲載させていただきます。


 お久しぶりです。 
セッションの後、特に大きな変化がなかったのですが、おっしゃっていた事はものすごく納得がいったので、言われた通りに、△△(お子さんの名)が半狂乱になって泣くようなことがあった時は、すぐにEFTしてあげて、ホメオパシーのレメディもあげるようにしました。
それから気がつくと、1ヵ月に2回は熱を出したりすぐ風邪をひいいて鼻がグズグズになっていたのが、なくなっていました。
主人は夏になって暑くなったからだと言ってましたが、私はそれだけではないと思ってます。 
その証拠に、秋に入ってからも△△の体調はとてもいいです。
でもこの前、久しぶりに熱を出しました。
この頃温かかったし、ふだんの生活に変化もなかったはずだし、どうして熱が出たんだろうと不思議でした。
それで原因がわからない事に対してEFTをしてみたら、パッと思い浮かんだ事があるのです。
それが、熱を出した朝の前の晩のことです。 
△△があんまりわがままを言ってかんしゃくを起こすから、てっとりばやく黙らせたくて、電気の消えた寝室にひとりで入れたんです。 案の定、大号泣してすぐに迎えに行って抱っこしました。「ごめんねは?」と聞いたらしゃくりあげながら、「ごめんなさい〜」と謝って私の思い通りに大人しくなりました。 こういうしつけの仕方もたまにはありよね、と思ったりもしたのですが、ドアの前で泣いていると思った△△は、全然違う場所で違う方を向いて「ママ!ママ!」と凄まじい声で泣いていたんですよね。
大人が思う以上に、子供は暗いところでは方向感覚がなくなってしまうのかもしれません。 そして恐怖が倍増するのかもしれません。
以前、セッションで「お子さんは強烈なストレスがかかって体に入ってしまったから、病というかたちでそれを押し出そうとしていると思う」っておっしゃいましたよね。 「大人と違って素直だから、すぐに異常に気づいて自分を整えようとする」って。 
そしてその時のストレスをEFTで解消してもらって、私もやり方を教えてもらって、しっかり実行してきたのですが、私自身もひどいストレスを与えてしまったと気がつきました。
やっぱり、大人の権力行使のしつけはアウトですね〜。 そんな自分の事をまずEFTしようと思いました〜。





 そうなんです。
子供はとっても素直なので「異物」がわかります。 自分の生体エネルギーを乱す恐怖や怒りなども、病原体と同じように体が反応して「いりませんよ」と出そうとするんです。 それが、発熱とか鼻水とかいった病の症状になるわけです。
でも、感情的な問題ならば、EFTをしてあげれば病気にならずに出す事ができるんです!

 お子さんが体調をくずして原因がわからない時、その前に起きたストレスになりうる事柄にEFTをしてみてください。 回復の手助けになるかもしれません!



posted by りえ奈 at 09:07| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子EFT 食欲異常

 ご本人に快諾いただきましたので、EFT親子セッションの内容の一部をみなさんとシェアしますね〜!

 お母さんが気にされていたのはお子さんが「食べ過ぎる」こと。
まだ2歳前なのに、大人の男性並に食べるそうです。
毎回毎回こんな感じなので、食欲異常ではないかと心配されたんです。

しかも、口を開けば食べることばかり言うそうで、朝起きたらすぐに「ごはんごはん!」
食べ終わって少ししたら「おやつ」
断ると少しして「ジュース」「ミルク」と催促。
公園に連れ出しても「おうちに帰ってご飯」と言うばかりで遊ぼうとしない。
そんな感じで、基本的に食べることばかり言っているそうです。
それでお母さんもイライラしてしまうそうです。

でも、お子さん本人は特に太っていることもありません。 食後に食べ過ぎてはいたりお腹をこわすこともないそうです。 だからお医者さんに相談しても「心配しすぎ」と流されてつらかったとか・・・。

2歳前とはいってもかなり言葉が喋れるようになっていたので、ちょこっとお話してからEFT。
「たくさん食べたい」とタッピングしてみたのですが、あまりヒットしていない感じ。

お子さんの問題行動(母親がそう感じる行動)は、お母さんへのメッセージな事がほとんどなので、ためしに「ママのこと」と言ってみたら、表情に変化が。
また「食べる」行為は何か気持ち的に足りないものの埋め合わせな事も多いので、ふと「ママともっと一緒にいたい」と言ってみると、「わかってもらえた」という表情になったんです。

それでお母さんもハッと思い出されたようで、

「私、忙しくしていて基本的に子供と過ごしていないんです。一緒に時間を過ごすのは食事の時くらい。自分ではまだ食べられないからつきそってないといけなくて・・・。公園ではママ友としゃべってばっかりで、子供が『ママも一緒』って手をひっぱっても、『あっちでお友達と遊んで』って言ってました。この子がたくさん食べるのは、それだけ長く私といられるからかも・・・」

というわけで、お母さんの方には
「申し訳ない気持ちの解放」
「忙しい中でも子供と過ごす時間を見つけるのが上手くなる」
「子供との遊び方がわかるようになる」
「子供と遊ぶ事が楽しめる」
という方向のEFTのほかに、子供に時間を割けない根本的な部分に対するEFTを行いました。


 たまにご自分のお子さんにEFTをされる際、なかなか効果があがらない・・・という声を聞くのですが、それはアスペクト(EFTを行う方向性)が違うからです。
今回の場合でいうと、「たくさん食べること」そのものはアスペクトとして違うわけです。 
効果が出ない、と思ったら、その行為に対してEFTするのではなく、その現象の裏側にある思いを見つけてみてくださいね!
posted by りえ奈 at 08:38| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

泣叫ぶ子供にEFT

 今日はEFTのお話です。

 最近、私の仕事が忙しいのでしょっちゅう実家にあずけられている息子なのですが、人が多いと興奮するらしく、お昼寝をしないそうです。
なので夕方迎えに行くとグズグズなことが多く、ちょっとした事で機嫌をくずしてしまいます。

 昨日は実家で夕食もいただいて、歌など歌いながら帰ってきたのですが、家に入ったとたんに急に不機嫌に。
特に何もしなかったはずなのに、突然「ママ、いや!いや!」を連呼しはじめ、抱っこしても体をそらして暴れるし、おろせばおろしたでますます怒るしで、手を焼いてしまいました。
思わず「いつまでもグズグズしないの!」と大きな声を出しそうになったのですが、これでは親の権力の行使です。 息子の感情を力で抑圧することになります。
いい子(親の都合にあう子)でなければ愛せませんよ、という脅しです。 
だから・・・怒っちゃダメ!!!
しかし、何をしてもおさまらない息子の癇癪を笑顔で受け止め続けるような度量もありません。(笑) 

 そこで飛び出す魔法の手!

 とりあえず暴れる息子を強引に抱いて、頭の上を軽くトントン。
何が気に入らずに暴れてるかわからなかったので、とりあえずそこから始めることにしました。

「ママがわかってくれなくてイヤだね」
「上手に言えなくてイヤだね」

そう。ママが子供の不機嫌の理由がわからない時、子供の方はその理由が伝わらない事にストレスを感じている事が多いんです。

息子はハッとした感じで少し大人しくなりました。
その言葉を繰り返しながら手首と足首もキュッキュッ。
かなり落ち着いたところで下に下ろし、向かい合って膝をついて、息子の顔にもトントントン。

「なんだかイライラするね」
「眠いしね」
「ママに甘えたいのにわかってくれないね」

機嫌をくずした直前の出来事を思い出してみると、ふとひらめきました。

「一緒に玄関に入りたかった」
「抱っこして靴を脱がして欲しかった」
「●●(息子の名)ちゃんを置いて先にはいっちゃった」

このまま息子は泣きやみ機嫌をなおしました。


見ていた主人も「EFTすると必ず泣きやむね」と安心したようす。
ママと子供のストレスを解放していくEFT、みなさんに知ってもらいたいなぁとつくづく思う瞬間でもありました。


posted by りえ奈 at 08:44| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

EFTが新しく♪

 EFT−Japanの講座内容が新しくなるようです。
この秋から・・・ということで、今後開催されるセミナーは、過去のものとは少し内容が変わるようです。
そしてお値段も来年1月から少し値上がりするそうなので、EFT−Japanのセミナーを受けたいな〜と思っている方は、この秋が狙い目かも?!

 そして、EFT−Japanでは、EFTセラピスト養成講座も始まるようです。 レベル1&2でもセラピストレベルのEFTを学ぶのですが、養成講座では自信を持ってEFTができるようトレーニングしたり、セラピストに必要な姿勢などもばっちり教えてもらえるようです。
また、望むクライアントさんを引寄せるテクなども!!
EFTを学んでセラピストになりたい!
でも、どうやってセッションしたり開業していいかわかんない・・・という方には特に嬉しい講座だと思います。
興味のある方はEFT−Japanのホームページをチェックして下さいね。 まずは来年1月東京開催のようです。

 私もセラピストグレードのEFTをお伝えしていますが、EFT−Japanのものとは少し内容が違います〜。(コ・クリエーションメソッドのテクニックが合体しています)
もちろん私も自信を持ってお伝えしていますが、やはりブレンダさんの講座を受けていただきたい!!と思うんですよね。
何といっても臨床数が違いますし、EFTに心底愛を、そしてクライアントさんや受講生には愛プラス思いやりを注いでいます。
学ぶところが多いのです。


 ところで今日はこんなセットアップフレーズをみなさんとシェアしたいと思います。

「同じ間違いや悩みや問題を繰り返してしまう自分が嫌になるし、なかなか成長できない自分にがっかりしてしまうけれど、そんな自分を受け入れて、ほんの少しずつでも確実に変化している事に気がつきます」

 ヒーリングセッションを受けたり、自分自身を見つめてみたりして、その時は良くなった気になるんだけど・・・結局また元に戻ってる・・・とか成長してな〜い・・・って自分を責めちゃう事ってありませんか?
でも、元に戻ってるわけでも成長してないわけでもないんですよ、きっと。 劇的な変化を期待しすぎて自分に厳しくなっていませんか?
急な変化には好転反応が伴う事もあります。
その好転反応のきつさを避けるために、ゆっくりゆっくり変化する事もあると思います。
小さな変化に気がついて、そんな自分を褒めちぎってあげましょう♪


posted by りえ奈 at 20:53| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

息子にトントン!EFT!

 公園で遊ばせていたら、息子がふと目を離したすきに転んでしまったようです。
大粒の涙をこぼして大泣き。
見ていたママ友さんが、「ごっつん!てすごい音がしたの。顔を打ってると思う」と強張った表情で教えてくれました。
抱っこしてもなかなか泣きやまないので、他のママさんも集まってきて「大丈夫?!」と心配そう。

 私は簡単に身体全体をチェックして骨折などがないかみてから、「今から嫌なのバイバイしようね」と言ってから、頭のてっぺんを軽くトントン。
「びっくりしたね」
「いたかったね」
それから手首と足首もさすさす・・・。
すると息子の泣き方が変わりました。
これは、おそらく今の言葉がヒットしたサイン。でも、まだ他に解放すべき感情があるから泣いているわけです。

「周りの人が過剰に反応して怖くなったんだ」と感じたので、
「○○チャンは今、大変なんだ」
「何かコワイ事がおきた」
と言葉を変えてタッピングすると、またまた泣き方が変化。
甘える感じになったので、
「ママ、ママ、ママ」とだけ言ってみました。
するとだいぶ落ち着いて来たので、
「大丈夫」「転び方を覚えた!」「上手に転んでケガもなかった!」「○○チャン、上手!」「○○チャンの身体もえらいねぇ」とタッピング。
すると、げんきんにも「おりる!」と言って、また遊びに戻って行きました。


 公園で子どもが転んでどこかを打つ・・・ということは日常茶飯事ですよね。 抱っこしてあやしているうちに落ち着く事がほとんどです。これからの人生を思えば、転んで痛かったくらいの事は小さな小さなショックかもしれません。
こういうシーンにEFTは特に必要ないのかもしれません。
それでも、EFTを使ってあげることで、その小さなショックでも取り除いてあげられればいいですよね。 
ポジティブなタッピングによって、「転ぶ=ネガティブな体験」ではなく「転ぶ=ポジティブな体験」として、お子さんにしっかりと教えてあげることもできます。
これはとても素敵なことだと私は思っています。
何か困難にぶつかっても、ポジティブな側面を見つめる力を養ってあげられると思うんですね〜。ぴかぴか(新しい)


☆私の尊敬するセラピスト、naoさんがママのためのEFT講座を企画してくださいました!

「ママのためのEFT講座」
日時:11月13日(木)午後13時半から15時半
受講料:3000円
場所:西宮市 阪急苦楽園口駅徒歩2分
   「キネシオロジーヒーリングサロンnatura lumo」
   (http://kinesiology.naturalumo.jp


この機会にぜひ、お越し下さい。
ママじゃなくても大丈夫♪ EFTの基礎ももちろんお伝えしますので、ご自身やご家族にその日から使っていただけると思いますよ!

お申し込みはnaoさんのブログのフォームからどうぞ!
 
naoさんのブログもチェックして下さいね!
EFT実践日記などもありますよ!
「lumoの部屋」
posted by りえ奈 at 08:22| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

トラウマを癒すEFT

 昨日書いた内容にも通じるのですが・・・シータヒーリングで見つけた私の中のすっごいトラウマは、シータヒーリングで癒そうとしてもうまくいきませんでした。

「トラウマを見せなさい」「根底の思考を見せなさい」「今私が見るべきものを見せなさい」
でも、何か、もやもや・・・っとして見えない。
そこで単純に「とにかくこれを癒しなさい」とコマンド。
するとふいに「EFT」という感じがしたんです。

 そうか。これはEFTでアプローチした方がいいんだ。
・・・ということでシータで「EFTで最善の結果を出しなさい」とコマンドしてからEFTへ。

 まずは表層にある「なんだか嫌な感じ」に対してEFT。
つづいて「その原因がわからない」ことにEFT。
するとふと子供の頃の記憶が甦ったんです。
そこでその時の「トラウマ」にEFT。
そこから芋づる式に、それを根っことしていると思われる様々なシーンがよみがえってきました。

 えっ! 大人になってからのアレもコレも、もともとは子どもの頃のあの時のあの体験が根っこだったの〜〜?!

 意外な関連性にびっくりしつつ、確かなつながりを感じました。

 そして最後にたどりついたEFTのアスペクトは、「ありのままの私を抑圧してきた」こと。
そこで、
・抑圧の歴史の解放
・抑圧された自分を許す
・大切な自分を抑圧した自分の事も許す
・ふたりの自分の統合
という事に対して順番にEFTを丁寧に実行しました。

 すると・・・なんだか不思議。
もう心の中には何のわだかまりも感じなくなり、穏やかに過ごせるようになりました。


 そして今朝のこと。 携帯メールが・・・。

「あなたの言ってることにピンと来る事は一切ないです。私は直感がすぐれているタイプなので、自分で何とかできますから!」
と、怒って帰られたクライアントさんからでした。

内容を詳しくは書けませんが、シータヒーリングで聞いた回答を筋肉反射テストで確認したところ、ガッチリ入っていた「あること」が、実際に起こったということでした。
彼女は私の能力が足りなくて、正しいリーディングをできていないと思ったのだそうです。
だから、「私の能力で見るのではなく、創造の源に見せてもらうのだ」と言われても、「Oリングテストであなたの身体にも教えてもらったのだ」と説明されても、「はぁ?」という感じだったそうです。(笑)
でも、実際にそれが起きたことで「私にはコントロールできない潜在意識下の何かがあるんだ。でも身体はちゃんと知っているんだ」と確信に近いものがよぎり、鳥肌がたったそうです。
そして再セッションを予約してくださいました。


 やはり、全ての問題は相手の方ではなく、自分の中にあるのだと思いました。 私が解決されれば、関わる方々も解決されていく。

 そしてクライアントさんのおかげで、私は癒すべき自分の問題を見つけることができる。

 そんな事を実感した朝でした。

 EFT、シータヒーリング、ホ・オポノポノ、MCCL、そのほかもろもろ・・・たくさんのツールが存在します。
すべてありがたい存在ですね〜。 これからもどんどん活用していこうと思います。

posted by りえ奈 at 08:57| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

トントントン・・・で出す!

 自分には非がないと思うのに、それでも何となく罪悪感を抱くことってありませんか?

 例えば親との関係。

 私の進路はこうだ。 
 私はこう生きていきたい。
 これが、自然体の私の姿だ。

 ありのままの自分に素直であろうとする時、「でも、私はあなたにこう生きて欲しい」という誰かの思いがそこにあれば、それにこたえられない事に、申し訳ない気持ちを抱くことってありますよね。

 お母さん(お父さん)の期待にこたえられない私は悪い子・・・。

 こういう事は親子関係だけでなく、恋人関係でも友人関係でも、色んな人間関係にある事です。

 けれど、そこで無理に相手に応えようとすると、本当の自分を抑圧してしまいます。
 だからといって、ありのままの自分を生きようとすると、罪悪感が心と体のどこかに残ったままになります。

 そういう時、EFTはとても役に立つと思います。


 ★★さんの期待にこたえられなくて申し訳ないし罪悪感もあるけれど、そういう自分をありのまま受け入れて、罪悪感は解放し、のびのびと自分らしく生きて、その幸せがいつか★★さんにも伝わることを信じます。 

 こんなセットアップフレーズがいいかな??


 実は、昨日自分でやったんです。(笑)

 もうもう申し訳ないという気持ちは、私の中にはありません。

 EFTをし終わった後、ふと思いました。

 相手を傷つけたと思ったのは、私の思い込みだったんじゃないだろうか? 私が私自身に対して「ありのままに生きる事」を許していなかったから、相手のふとした仕草にその思いを投影しただけなんじゃないだろうかって。

 そこでもうひとつEFT。

 私はもしかして自分らしく生きることに抵抗があったり、そういう自分を許していないかもしれない。けれども、これまでのそんな自分に感謝して、今、自由になる時期が来た事を理解し受け入れます。


 自分の声を。自分の言葉を。自分の思いを。

 あなたもあなたらしくそのままで輝いていいことに気づきますように。
 既に気づいている方は、ますます輝きがましますように!!


posted by りえ奈 at 09:30| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

EFTでトラウマを解消!

 最近、セラピストの方がセッションに来られる事が増えてきました。

「シータヒーリングでもホ・オポノポノでもあれでもこれでも(名前を忘れました。知らないヒーリングツールだったの・・・)どうしても癒せない問題があって・・・」

 あ、EFTがいいな。

 お話をうかがってピンときたのでEFTを実行したところ5分程度(2種類のアスペクトにアクセス)でトラブルから解放されたようでした。


 色んなヒーリングツールで癒そうとしたのになかなか効果があがらなかったのに、EFTであっと言う間に癒されてしまったみなさんの問題には、共通点がありました。


 それは、交通事故のショック。
事故の時に見た赤い光がフラッシュバックするとか、カーラジオをつけると事故当時の記憶が甦るようで耳鳴りがするとか、偏頭痛がするとか、身体にトラブルが生じている方が多かったです。

 今回のEFTでは「身体の痛み」にスポットをあててSUD(痛みの数値)をはかり、「身体が引き受けてくれた事故のショックに感謝し、事故以降もずっと身体が伝えようとしているメッセージを受け取る」というところをポイントにしました。

 特に身体的な部分に問題がないのに痛みが残ったり、何らかの症状がある場合、身体はメッセージを持っている事が多いです。 
それが理解されるまで、痛みや症状は必要なので消えないんですね。
だから、それを聞いてあげて、「今まで痛みを持っていてくれてありがとう。メッセージがわかったので、もう痛みを抱える必要はなくなりましたよ」というアプローチが効果的だと思います。

 シータヒーリングで癒す場合は通常の癒しコマンドに「身体が伝えようとしていることがあるなら教えなさい」というコマンドを加えるのもいいかもしれませんね。


 日常的に身体に話しかける習慣(身体の変化を観察する習慣)を持つと、身体からのメッセージがすぐに理解できるようになります。
「あら、目尻にシワが!! 老けた〜〜!!! ショックー!」ではなくて、「あら、シワを出して伝えてくれてる事があるのね」って感じです。
私の場合は目尻のシワは「水分が不足しているからケアしてね」でした。
他にも「カップラーメンは食べないで」なんていうのもありました。 食べるとすぐに気分が悪くなるんです。


 メッセンジャーの身体と仲良く♪


 
posted by りえ奈 at 08:52| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

話し合う前にまずEFT

 夫との間にちょっとしたいざこざ(笑)がありまして・・・。
この思い、伝えるべきか否か・・・。
検討している間にネガティブな思いの方がぐんぐん成長。
怒りに発展して止まらなくなったので(笑)、EFTでとりあえず落ち着く事にしました。
2周のタッピングで怒りがスーッとなくなるのを感じ、改めて冷静な気持ちで夫に「あのね・・・」と話を始めたところ・・・!!!

 すっごく穏やかだったはずなのに、涙がぶわーっと浮かんできたじゃありませんか!!!!

 そうです。怒りがあまりに強すぎて、この事柄に対して悲しみを抱いていた自分に気付かなかったんです。
あわてて、「ちょっと待って!」と別室へ。(笑)

「○○のことで怒りが消えたので話をしに行ったけど、急に涙がでてきて悲しくてたまらない。けれども、そんな自分を受け入れて楽になる事を選びます」
をセットアップフレーズにして、悲しい気持ちをタッピングで出しました。
その後、念のため、
「○○のことでまだ無意識のレベルに隠れている感情があるかもしれないけれど、そんな自分を受け入れ、まだ隠れている感情があるなら全て許し、私は自由になります」
という感じでEFT。
すると、他にも不信感やショックがあった事に気がつき、これもEFTで解放しました。

その後は、冷静にお話できましたよ!

誰かと何らかの問題について話し合う時、感情的だと上手く行かない事がほとんどだと思います。
そんな時にEFTで感情面をクリアにしておくと、余計なエネルギーを消耗せず、穏やかに建設的な会話ができるようになります。
その際には、隠れた(抑圧した)感情がないかをしっかりチェックすることをお薦めします。 私みたいに途中で「待った!」できないケースも多いですもんね。 




posted by りえ奈 at 20:01| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

EFTで痛みが移動する?!

 EFT個人セッションの1回目は、おうちでセルフケアができるようにやり方もお伝えしています♪
みなさん家でも活用してくださっていて、うれしい報告メールもいただきます♪
でも、やっていて「あれれ?これはどうしたらいいの?」と思うこともあるようで、質問などもいただきます。

 昨日はEFTセッションで、たまにいただく質問と同じ事が起きたので、クライアントさんの許可をとって掲載しますので参考になさってくださいね〜。


 クライアントさんは長年続く腰痛を解消したいといらっしゃいました。 まず腰の痛みそのものに対してEFTをすると、数値はいきなりゼロに! でも、かわりに肩が痛くなってしまったのです。 今度は肩の痛みに対してEFT。 するとまたゼロになったのですが、次は頭痛が始まってしまいました。

 こんな風に痛みが移動することは珍しい事でなく、わりとあります。
つまり、その痛みは肉体的な問題ではなく精神的・感情的な問題だということなのです。

 そこで「痛みが移動すること」に対してEFTをしました。 セットアップフレーズはこんな感じです。

 腰から肩、頭とEFTをやる度に痛いところが移動していくのが不思議だし、それは「精神的なことが原因かも」と言われてもピンとこないけれど、そんな自分をありのまま受け入れて、とにかく楽になっていくことを選びます。



 するとクライアントさんは「そういえば・・・」とある出来事を思い出し、お話してくださいました。 
その事に対してEFTをすると、彼女の頭痛はどんどん数値を下げ、最終的には「何も感じない!」というレベルになりました♪


 EFTをして痛みが移動していく時は、やり方が間違っているからではないんですよ〜。
「これは感情的・精神的問題なのかな?」と、原因について考えてみてください。 それでもピンとこない時は、上記のようなセットアップフレーズを使ってEFTしてみてくださいね。 すると、ふと思い浮かんでくる事柄がきっとありますよ〜。



posted by りえ奈 at 08:37| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

家庭にEFT

 先日、キネシオロジーセラピストnaoさんにご企画いただき、ママのためのEFTミニ講座をさせていただきました♪

 みなさんとても興味を持ってしっかり話を聞いてくださり、すぐにご自身で効果を感じてくださったようで、私もとってもうれしいです。

 家族にひとりEFTのやり方をきちんとわかっている人がいれば、すごく素敵だと思います。 
家庭は、外へでかけていった家族が帰ってくる場所です。 外で受けた様々なストレスも一緒に帰ってきます。 
温かいお風呂やおいしい食事やふかふかの布団で全て癒されればいいのですが、現代社会はそうもいかないことがほとんど。
その日のストレスを完全にリセットする事ができないまま、また翌日でかけていく・・・。 このサイクルが続くときついですよね。

 でも、EFTがあれば別です。
「○○ちゃん、今日は学校で何があったの?」
ママが聞いてくれるだけでなく、ネガティブな感情を解放してくれる。
「あなた、今日は会社どうだった?」
妻が聞いてくれて、そのストレスを解放してくれる。
家族のコミュニケーションも頻繁になるでしょうし、家に帰ると楽になるって本当に安心です。
家族みんながネガティブな感情を解放しているので、すごくハッピーな一家になると思うんですよね。
そしてママ自身も育児や家事ストレスをどんどん解放していける。
それもとっても簡単に!!!


 今回naoさんにお声がけいただいた事で、EFTに出会った時に「家庭にEFTを普及させたい!!」と思ったことを改めて再認識させていただきました。
もちろん、おうちだけでなく職場でも有効です。
EFTは目標達成にも使えますから。
チーム全体にEFTを行うのも効果的ですよ。(グループセッション)


 


※naoさんのサロンのホームページはこちら!
 「キネシオロジーヒーリングサロンnatura lumo」
 

posted by りえ奈 at 09:09| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

セミナーって受けた方がいい?

 私のセッションでEFTを体験された方をはじめ、この頃色々な方に「ちゃんとできるようになりたいので、やっぱりセミナーを受けた方がいいですか?」と相談されます。 
本当に必要かどうか少しでも判断しやすいように、EFTセミナーについてお知らせしようと思います♪

 現在EFTは
1EFT-Japanが開催する講座
2EFT-Japanで学んだプラクティショナーが開催する講座
3その他の場所でEFTを学んだ方もしくは独学の方による講座

 主にこの3つで学ぶことができると思います。

私が開催するのは2にあたります。
私と生徒さんとのマンツーマンと、グループでのセミナーをみなさんのご要望に応じて開催しています♪
少人数でしっかり学びたい、潜在意識セラピーなどを交えたココナル式EFTも一緒に学びたい(タッピング方法がEFT-Japanとは少し違ってもう少し簡単です)という方はぜひどうぞ。
基礎・応用があり、ご自身以外の方にも使っていただけるようになる事を目指します。

ただ、EFT-Japanの公認プラクティショナーやインストラクターを目指す方、EFT-Japanが出すプラクティショナー認定書が必要な方、EFT-Japanでレベル2・3の講座を受講したい方はEFT-Japanの講座を受けることをお薦めします。

 けれど、EFTってすごく簡単なんです。
EFT-Japanのホームページから無料マニュアルをダウンロードできますし(要メーリングリスト登録)、代表のブレンダさんの書かれた著書にも簡単なやり方が書かれていますから、セミナーに行く前にまずはこういったものを読んでみるのがいいかと思います。
その上で、「????」という所があれば実際にセミナーに参加されるのがいいでしょう。

 感情を解放してどんどんハッピーになりましょう♪

posted by りえ奈 at 07:52| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

引き寄せの法則・実現ノートが続かない!

 以前に「すべての望みを叶える!引き寄せの法則・実現ノート 」を付け始めて60日間の引き寄せ実験&自分研究を始めたと書いたのを覚えていますか? 
詳しくはこちら→http://kokonaru.seesaa.net/category/4512868-1.html

 同じように日記をつけている方からお悩みメールをいただきました。


 引き寄せの日記、2週間くらいでやめちゃいました。 書かなきゃと思うのですが、「今日引き寄せたいもの」の欄に書く事が全然ないんです。無理やり書けば「電車の椅子に座れる」とかあるんですけど、いつもそんなのばかりで「私ってこんなちっぽけな事しか書けない生き方してるんだ」って暗い気持ちになります。毎日単調で平凡で変化のない日の繰り返しだし。 すみません。愚痴ってしまいました。


心菜の回答

 引き寄せたいものは、本当にありませんか? 
おそらくあなたは「今日引き寄せたいもの」の欄に「引き寄せられそうなもの」を書こうとしているのではないでしょうか?
実は私もそうでした。(笑) だって、1日が終わって振り返る時に「引き寄せられなかったな」って思うのはガックリしますよね。 それが毎日続いたらますますガックリしますよね。 そこで、そのガックリ感を避けるために「引き寄せ可能なもの」をつい書いてしまう・・・。
そして、自分が引き寄せられるものは結局「電車で座れる」くらいの事しかないんだ・・・と思ってしまう。 よくわかります。

 この場合は「今日引き寄せたいもの」の欄に次のような事を書いてみるといいと思います。

・ちょっとしたハッピーな事件

 単調な毎日が退屈だと思ってらっしゃるようですから、それを変えてくれるものを引き寄せるのです。 その時に「こんなこと」と具体的にその内容を書こうとすると「自分が引き寄せられそうな簡単なもの」をつい書いてしまいますから、抽象的に書くわけです。
そして「宇宙におまかせ」の欄に「ハッピーな出来事の内容と時間」と書きます。
時間、と書いておくと「今日結果が見える」という事にもこだわらずにすみます。 
「今日引き寄せたいもの」に書いた事は「今日から引き寄せを開始した」という事であって今日必ず現実化されなければダメというわけではありません。 絶対今日!という執着を捨てて実現の日を宇宙に委ねるわけです。 
「今日必ず実現化されなければ意味がない、ダメだ、と思う自分がいるけれど、そんな自分を解放して楽しみにその日を待てる自分を見つめます」といった感じでEFTをされるのも効果的です。

ぜひ一度試してみてくださいね!
posted by りえ奈 at 08:30| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

60日間のトライ

 私にEFTを教えてくれたブレンダさんが書かれた「すべての望みを叶える!引き寄せの法則・実現ノート 」が7月に出版されました。

 本の左側のページにはその日のアファメーションが書かれてあり、セットアップフレーズやネガティブ・ポジティブのリマインダーも掲載されています。
EFTは知ってるけど、どうしてもセットアップフレーズなどが作りにくい・・・という方はこの本があれば大丈夫!
主に望みをかなえる自分になるためのアファメーションがたくさんなのでぜひ活用してください。

 また右側は日記形式になっていて、自分の心を整理しながら望む現実を実現していけるようになっています。

 私もこのノートを使って今日から引き寄せ実験はじめました!
60日分あるので、2ヶ月間でどんな変化が起こるのかチェックしてみようと思います。


 また、EFTって何? やり方がわからない〜という方も、このノートにちゃんと説明がのっていますしとっても簡単なので1度書店などでチェックしてみてくださいね♪
posted by りえ奈 at 11:07| EFT日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。